• サンプル #1

        (1) simplest

        <default feature>
        • SPDY server ( if you want to confirm, use SPDY indicator )
        • auto base tag/base path out
        • auto minify
        • auto gzip
        • auto caching
        • easy error handling
        • gridfs
        • dom handling on server side
        foonyah.use('hello').returnHTML(res, loc, nav, callback);
        • サンプル #1 の動かし方

          !ご注意 !

          foonyah に関するインストールツールは開発中です。利用を希望される方は個別ご連絡下さい。
          Liberty Technology
          • 1. インストール
            At first, make and move to your working directory.
            mkdir ~/foonyah-work
            cd ~/foonyah-work
            1) install node.js via nvm
            git clone git://github.com/creationix/nvm.git ./nvm
            source ./nvm/nvm.sh
            nvm install v0.12.10
            2) install mongodb and start
            curl http://fastdl.mongodb.org/linux/mongodb-linux-x86_64-2.4.3.tar.gz
            tar -zxvf mongodb-*.tar.gz
            ln -s ./mongodb* mongodb
            mkdir data
            ./mongodb/bin/mongod --port=27017 --logpath=log17 --nssize=4 --oplogSize=32 --nohttpinterface --dbpath=data/db17 --pidfilepath=pid17 --nojournal --fork&
            3) download and install foonyah with sample
            curl http://liberty-technology.biz/foonyahstation/experience  |  /bin/sh 
          • 2. サーバー起動
            node ./experience/start.js -ISLOCAL=true
          • 3. アプリケーション確認
            (1) simplest
            http://localhost/simplest/
            (2) simplest with header and footer
            http://localhost/with-some-plugins/
        • サーバー設定

        • アプリケーション設定

        • 仕組みの詳細解説

          ここでは foonyah モジュールを使ってサービス開始することの出来る簡単なシステム構成を紹介しながら本アーキテクチャの全体的な動作を解説します。
          まずはじめに触れておきたいことは、foonyah で立ち上がるサービスはいわゆる nginx や apache に出来ることはもれなく可能です。例えばサーバー上にある htmlファイルや画像ファイルを読んだりキャッシュしたり、または所定のプログラムを実行するといったいわゆるサーバーの機能です。

          ただサーバーを立ち上げるだけならばたった1行で可能です。
          require('foonyah').start();

          foonyah はこれになおかつ、モジュールベースの動的構成システムを、GridFS と Cluster システムと自動で連動しながら起動するシステムを備えました。本サンプルでは foonyah によってしか実現出来ない機能を理解していただきたく、少し困難なシステムを想定しながら、一見実装構築に時間を要する複雑なクラスタシステムが効率的に実装構築可能である点を紹介します。
          • 基本的な使い方
            参:tablify
          • セットアッパー
            参:simplevalidator
            package.jsに記述可能なブラウザサイドであれ、明示的なコールの必要があるサーバーサイドであれ、これらはプラグインの準備前に行われてしまうことに注意が必要です。もし、miscellaneous box内で plugin 本体や plugin の依存性を利用したい場合はセットアッパーとして利用する必要があります。
      • サンプル #2

        (2) with-some-plugins

        <default feature+>
        • (plugin)[layout] auto layout, header, footer with copyright (+0 line)
        • (plugin)[webfonts] web font import (+3 lines)
        • (plugin)[googleanalytics] implement google analytics tag (+1 line)
        foonyah.use('hello-advanced').returnHTML(res, loc, nav, callback);